元気玉・・・。

盆栽愛好会に入って、少しずつ盆栽について勉強中です。盆栽といえば、成人式などの大きなイベントで、壇上に飾られるような立派な松などを思い浮かべますが、あのようなものは5年や10年で作ることはできません。

そこで、私の中の盆栽は、小さくて貧弱だけど形が面白いものです。そのために、種蒔きや挿し木をしています。

これは、お茶の種を蒔いたもの。春に発芽しましたが、まだ元気玉が付いています。元気玉というのは種のことで、この養分で根も芽も伸びています。お茶の元気玉は、お茶の緑色をしていますね。

一方、ドングリは赤褐色の元気玉です。葉もしっかり展開しているので、もうそろそろ元気玉の役割も終わりなのでしょうか。何となくシワがよってきているように見えます。こちらは、針金で曲付けをしていますが、今月中には一旦外して、幹に傷を付けないようにしたいと考えています。