富貴蘭

松鷹図(まつたかず)

まだ紹介できていなかった蘭鉢です。紹介してほしいと思っている人がいるとは思えませんが、これはなかなか手間が掛かっている図柄だと思います。 今日は、ヤフオクで落札した時代箪笥が届きました。庄内地方の箪笥ということですが、桐箱の代わりとして使お…

巨大な龍の蘭鉢・・・。

今日も梅雨は一休み。青空も広がり、傘も長靴も必要ありませんでした。長靴と言えば、まとめ買した蘭鉢の中の1鉢が、とても巨大で長靴サイズです。高さは30cm以上、間口も広く足が入りそうです。 鉢の表面積は広いのに、龍が1匹だけしか描かれていませ…

同じような双龍(そうりゅう)

関東甲信越地方も、梅雨入りしたということです。通勤時間帯は、幸いにも傘を使わずに済みましたが、日中はかなりの雨が降ったようです。先週は、水量が少なくて鮎が釣れませんでしたが、今週末は期待して出掛けることにしましょう。 ブログネタは、またまた…

富士と昇龍(ふじとしょうりゅう)

愛楽園の蘭鉢で、金縄縁です。額縁の中に、富士山と昇龍が描かれています。裏は、桐の花でしょうか。煌びやかな印象で、なかなか気に入りました。 この鉢もヤフオクで、まとめ買いした鉢の一つで東園作です。この昇龍を見ても、一昨日のことを思い出してしま…

波に鶴(なみにつる)

来年3月の定年まで、残り10ヶ月となりました。64歳にならないと、年金が支給されるないので、それまでは働かせてもらうにしても、給料はだいぶ下がります。ボーナスも残り2回です。 そうなると当然ですが、自分で使えるお金も減ることでしょうから、今…

青根がきれいな奄美錦(あまみにしき)

青軸青根で、後冴えの黄縞品種です。奄美風蘭らしい雄大な姿になります。今年も、新根が勢いよく伸び始めました。 子芽や花芽もあって、これからが楽しみです。というか、もう少し目をかけないといけませんね。来年3月には定年になるので、その後は仕事も収…

少肉植物・・・。

昨年秋に、蒲田の交換会で衝動買いした多肉植物ですが、屋外で北風にさらされながら越冬したので、葉はペラペラの少肉植物になってしまいました。栽培主がダイエット中だからといって、こんなに痩せさせてはいけませんね。 3月以降は、一生懸命に水やりをし…

セッコクが花盛り・・・。

今年も赤花のセッコクが、花盛りとなりました。山にある普通のセッコクは、大半が白花ですが、これらは赤花の実生だと思います。花の大きさが違ったり、ピンク色の花など見飽きません。 花弁が開かない兜咲きは、小さくて可愛らしいですね。ピンク色も可憐な…

10連休に買ったもの その2・・・。

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 連休中にヤフオクで買った錦鉢です。直径も高さも10cmほどの少し小ぶりな鉢で、図柄はブッダとスジャータということですが、私にはよくわかりません。 また、加茂黒と言われる京都の加茂川上流の黒い石を砕いて…

平成最後の夏日・・・。

昨日は、夏日を記録したそうです。今日も、4月とは思えない温かな日になりました。気が付けば、庭に一年中放置しているシンビジュームが開花していました。もう10年以上、植え替えもせずにいます。大株なので、一人では鉢から抜くこともできません。まあ…

新1万円札に渋沢栄一・・・。

自宅から近いガスミュージアムや世界遺産の富岡製糸場を訪れた時などに、渋沢栄一の名前を見つけて、いつか深谷市の記念館にも出かけてみたいと思っていました。また、先月、古本屋で「論語と算盤」を買って読み終えたばかりで、新紙幣の図柄になるとの発表…

ヤフオクの錦鉢・・・。

少し前に、競り落としたというか、セリ開始値のままで入手した錦鉢です。まずは、梅花という作家の絵付けしたもので、縁起の良い松竹梅の図柄です。 こちらは、竹梅菊の図柄ですね。梅と菊は、同じ季節には見られないものだと思いますが、まあおめでたい感じ…

駿河山正の丸鉢・・・。

またまたヤフオクで競り落とした、駿河山正の朱泥蟹浮雲足丸鉢です。小型の盆栽用の鉢ですが、何かを植える予定はなく、一昨日紹介した飾り棚に入れて鑑賞します。 鉢は、直径が10センチ、高さは4センチほどです。駿河山正の鉢は、蛙や蟹などの浮き彫りに…

仏の座・・・。

ホトケノザは、ごく普通に見られる草花ですが、よく見るとこの花も可愛らしいです。茎から出る葉の様子が、蓮華座のように見えることから、このホトケノザという名前となったそうです。 もう1ヶ月ほど前に、衝動買いした飾り棚です。自宅に持ち帰った時には…

植え替えを継続・・・。

日曜日は、富貴蘭の植え替えをしました。富貴蘭の吟風という品種で、葉に墨を乗せたり、白縞や萌黄縞、黄縞が出たり、柄が良いものは根もルビー色に出たりと、とても変化が多く人気の品種です。 人気ですではなく、人気だったかもしれませんが、私は大好きで…

白鷲柄の布施鉢・・・。

木更津の交換会から、10日も過ぎましたが、まだ白い鷲が描かれた布施鉢を紹介できていませんでした。今年のお正月に、先生が描いたもので、この時期にしか描かない縁起の良い柄ということです。 現実に、白い鷲は存在するのでしょうか。白鷹というお酒の銘…

北風が強い・・・。

今日は、休日出勤の代休をもらい、朝7時前から富貴蘭を発泡箱から出しました。朝食後は、バドミントンの練習に出掛けました。体育館には、ヤブツバキの花がたくさん咲いていました。 新座の練習会は、毎週水曜日と金曜日午前中なので、代休をもらう時は、な…

布施鉢の波千鳥(なみちどり)

こちらは、定番の柄で波間を飛び交う千鳥です。海岸の景色には無くてはならないもので、「梅に鶯」や「獅子に牡丹」「竹に雀」「松に鶴」と同様、絵になる組み合わせを意味します。 この鉢も、木更津で会長さんから譲ってもらったもので、布施先生が絵付けを…

新作の布施鉢・・・。

3月3日、木更津の富貴蘭交換会では、錦鉢を5鉢購入しました。布施先生にリクエストした鮎を絵付けしたものです。初めての図柄で、先生もあれこれ調べて描いてくれました。浦島太郎が龍宮城でもらった玉手箱ではありませんが、もう早く見たくてしかたあり…

明後日が啓蟄・・・。

暖かな陽気と恵みの雨で、草木も元気を取り戻してきました。気が付けば、啓蟄の6日が迫っています。啓蟄は、土の中から虫などが蠢き出す頃を示す言葉です。庭のアジサイやバラも、季節を感じて新芽が動き出しました。 冬の間、凍ってシャワーノズルやホース…

富貴蘭交換会・・・。

今年初の木更津の交換会は、ひなまつりと日曜日が重なったので渋滞を覚悟していましたが、朝から冷たい雨が降っていたおかげでスイスイでした。 会場はイオンスーパーの2階なので、飛び込みのお客さんも交え、50人ほどが参加していました。その中には、横…

中国春蘭の宋梅(そうばい)

いよいよ2月も明日を残すばかり。年明けから、早いもので2ヶ月が経つんですね。この前、NHKの番組でチコちゃんが、歳を取ると時間が早く進むように感じるのは、新しい出会いやときめきがなくなるからだと言ってました。 私も定年まで、後1年と1ヶ月とな…

春近し・・・。

昨日に比べると、北風が吹いて寒かったですが、花粉も飛び始めたようで春はもうそこまで来ています。屋上に放置状態の富貴蘭にも水遣りをしました。また、発泡箱に放り込んで、少しだけ大事にしている富貴蘭も、蓋を開けて水遣りをしました。 長生蘭は、葉が…

朱泥蟹彫丸鉢・・・。

ヤフオクで、競り落としてしまった駿河山正の極小の鉢です。銘も、「山正作」と入っていますので、本物だと思って入札しました。山正の作品には、刻印があるのが普通だと思うのですが、見てわかるように、極小で刻印を入れる場所がなかったのかなと考えてい…

大きな豆葉の天玉宝(てんぎょくほう)

間に麻雀旅行のネタが入ってしまいましたが、これも蒲田の関東富貴蘭会の初競りで入手したものです。大きな豆葉を不思議に思う方もいるでしょうね。富貴蘭では、通常よりも葉幅が広く、葉の長さが短くなった葉型のものを豆葉と呼びます。ですから、小型の豆…

そんなものを携帯・・・。

特注した布施先生の鮎の鉢は、どんな図柄なのか、本当に楽しみです。自宅の魚柄といえば、長男が小学5・6年の頃に作ったペン立てをいまだに使っています。長男は、図工が好きだったのですが、いつも時間が足りなくて、完成することが少なかったのを思い出…

九州産の太公望(たいこうぼう)

関東富貴蘭会の交換会で入手した2鉢目は、九州産で中型の太公望です。肉厚の立ち姫葉と出芽が美しい雪白散り斑が特徴で、柄が良いものはルビー根も出るそうです。今は斑が暗む時期ですが、結構白いので期待が持てます。 太公望といえば中国の故事から、釣り…

島根県産の仁摩錦(にまにしき)

島根県大田市に仁摩町という地名があります。日本海に面した町で、おそらくここが由来した品種だと思います。蒲田の交換会で入手したもので、中型の立ち葉、白縞や黄縞、さらに墨も流すことがあるそうです。 前作者は、10日に一度の水遣りということでした…

梅花作の錦鉢・・・。

昨日の関東富貴蘭会の競りで、手に入れた富貴蘭鉢です。愛楽園の鉢で、梅花さんが絵を描いたものです。梅花さんは、女性でしょうか?絵は、唐草模様なのでしょうか?金縄縁に水色を中心とした模様がきれいです。 サインも水色で入れてありますね。水色が好き…

初競り・・・。

蒲田の御園神社で開かれた関東富貴蘭会交換会に、参加させていただきました。毎月第2日曜日の開催が、急遽、変更になったそうで、わざわざ会長から電話までもらったら、参加しないわけにはいきません。また、電話をもらったので、久々に我が家の富貴蘭の様…