ピロリ菌が胃がんの原因・・・。

日経新聞の夕刊に、ピロリ菌のことが紹介されていました。衝撃的だったのは、胃がんの原因の98%がピロリ菌によるものとのことです。胃がんのリスクがあるとは聞いていましたが、そこまでという感じです。

私は、東京の目黒の生まれですが、その家の台所には水道がなく、大家さんを含め4軒で共同の手押しポンプ井戸を使っていました。その井戸水で、炊事や洗濯、夏は行水もしていました。

f:id:bontosyougatu:20190515205231j:plain

ピロリ菌は、40代以上で感染率が高く、若い人は低いことから井戸水からの感染の可能性が高いそうです。ですから、私も生まれてから小学2年生くらいまで井戸水を飲んでいたので、ピロリ菌が胃のなかで繁殖していると思います。

f:id:bontosyougatu:20190515205256j:plain

繁殖といえば、道端のムラサキツユクサが、よく目に付きます。清楚な感じは、いかにも和風ですが、実は北米原産です。まあ、日本庭園に、絶対合いますね。

f:id:bontosyougatu:20190515205331j:plain

こちらは、ヤグルマギクです。ヨーロッパ原産だということです。世界の草木が日本に根付いて育っていますね。

f:id:bontosyougatu:20190515205427j:plain

ピロリ菌は、寄生虫とは違うのでダイエットの効果はありません。というより、ピロリ菌のメリットはほとんどなく、胃がんの原因などデメリットは大きいので除菌するに限りますね。

目黒の井戸ですが、その場所が大家さんの家のボットン便所の近くにあったので、父親に「井戸水に染み込んでないか」と聞いたことがありました。そしたら、「そんなものは、土の中で濾過されるから大丈夫」と笑っていたのを思い出します。

生まれた家は、1間しかない平屋建てで、水道も風呂もない借家でしたが、碑文谷公園近くの一等地でしたから、今は高級マンションでも建っていることでしょう。そこにあった井戸も、うちの父親同様、今はこの世には存在していないと思います。

たった5mmの差が・・・。

みなさんは、自分の足のサイズを知っていますか?私は、60年近く生きてきましたが、この前の日曜日に初めて自分の足のサイズを知りました。

ダイエット効果を高めるために、通勤時に早足できるようウォーキングシューズを探しに行ったんです。これまでにも、何足も靴は買っているので、だいたい大きさは知っています。なので、いつもの通り26cmくらいの靴を試していました。

f:id:bontosyougatu:20190514214320j:plain

f:id:bontosyougatu:20190514214344j:plain

店員さんが、「サイズはどうですか」と聞いたので、「ぴったりです」と答えました。でも、前日に右足の親指の爪を剥がしたばかりで、「バドミントンをやっているせいか、足の爪が死んじゃうんですよ」と話すと、「靴のサイズが合ってないからですよ」とのこと。

そこで、測定してもらうと、左足は25cmで右足は25.5cmでした。いつも、試し履きは左足のみだったような気がします。足の長さに1cmほどの余裕をもった靴を買うこと、つまり26.5cmの靴が適正な大きさでした。メーカーによって、大きさに誤差がありますが、私の場合は5mm大きい右足で試して買えば、爪を剥がすこともなかったのでしょう。

f:id:bontosyougatu:20190514214408j:plain

f:id:bontosyougatu:20190514214448j:plain

f:id:bontosyougatu:20190514214525j:plain

足のサイズは、知ることができましたが、手のサイズも気になりますね。手袋にもサイズがあって、23cmなどと表示がありました。これって何のこととネット検索したら、日本手袋工業組合のサイトに詳しく解説ありました。

このサイズは手囲いの長さだなんて知っている人は、組合の関係者以外はいないんじゃないかな。「てがこい」を漢字変換しようと思うと、「手が濃い」になってしまいますもん!

近所の畑では、麦が青々と風にゆられていました。もう半月もすると、黄金色に輝く麦秋の時期を迎えますね。今回は、靴屋さんが勧めるジョギングシューズを購入。靴のうんちくや選び方を丁寧に教えてもらったので、本当に納得の買い物ができました。

蝦夷松の芽摘み・・・。

とても柔らかくて、美味しそうな蝦夷松の新芽です。枝が伸びすぎないように、黄緑色の新芽の半分くらいを指でつまんで取り除きます。この作業をすると、松の良い香りがします。たぶん、蝦夷松に毒はないと思いますが、もちろん食べませんよ。

f:id:bontosyougatu:20190513211749j:plain

f:id:bontosyougatu:20190513211821j:plain

f:id:bontosyougatu:20190513211846j:plain

f:id:bontosyougatu:20190513211917j:plain

クリスマスツリーに、デコレーションしたようできれいですが、このまま放置すると、どんどん伸びてしまいます。

f:id:bontosyougatu:20190513211947j:plain

f:id:bontosyougatu:20190513212019j:plain

指が松脂で、ベタベタします。この摘み取り作業に、もしハサミを使ったなら、絶対に枝先を切る程度では我慢できないと思います。これも後輩からもらったものですが、もっとスッキリと枝を切りたくてウズウズしています。

f:id:bontosyougatu:20190513212050j:plain

f:id:bontosyougatu:20190513212113j:plain

f:id:bontosyougatu:20190513212135j:plain

気が付けば、アジサイの花芽も上がってきていました。もう5月中旬ですから、もう半月もすれば梅雨入りでしょう。そうなると、アジサイが主役となりますね。これは、何色だったかな。

母の日・・・。

5月の第二日曜日は、母の日ですね。小学生の頃には、母の日が近づくと、「ありがとう」と印刷された造花のカーネションが配られました。赤いカーネーションに混ざって、白いカーネーションを配られる同級生がいました。

白いカーネーションは、亡くなった母親に対する尊敬を意味するのでしょうが、白いカーネーションを配る儀式を怖々と見ていたのを思い出します。それは、「もしかしたら来年は自分が白いカーネーションをもらうのかな」と思ったからです。

f:id:bontosyougatu:20190512105052j:plain

f:id:bontosyougatu:20190512105125j:plain

私の母親は、現在、施設で生活しています。昨日は、暑くなってきたので、夏物の衣類を届けがてら会ってきました。施設のみんなで食べてもらうため、孫が大好きな「やよいひめ」を探して持参しました。それから、病院や施設などでは食べる機会が無さそうな歌舞伎揚げやエンゼルパイも持って行きました。(笑)

母親は、認知症が少しづつ進行しているので、声を掛けると「おぅ」という顔をしましたが、私のことをはっきりと誰なのかは認識できていないようでした。それでも、毎日、楽しくしているようなので、それだけで十分です。

f:id:bontosyougatu:20190512105148j:plain

f:id:bontosyougatu:20190512105214j:plain

自宅では、母親が大切に育てていたバラが、花を咲かせていました。大輪で咲き進んでいくと、オレンジ色から赤色に花色が変化していきます。これは、紫外線の関係だと思います。

しかし、母の日なんて要りますか。こんなの花屋の陰謀ですよね。わざわざ他人に押し付けられなくても、親への感謝は人それぞれ考えていますよね。祝日なら、あったほうが良いですがね。

例えば、入学や卒業、結婚式の節目節目には、親への感謝の気持ちが強まります。また私は、自分の誕生日には、産んでくれた母親への感謝、ついでに父親へも感謝しようと思っています。

少肉植物・・・。

昨年秋に、蒲田の交換会で衝動買いした多肉植物ですが、屋外で北風にさらされながら越冬したので、葉はペラペラの少肉植物になってしまいました。栽培主がダイエット中だからといって、こんなに痩せさせてはいけませんね。

3月以降は、一生懸命に水やりをして、元の多肉植物に戻そうとしていますが、なかなか難しい状況です。しかし、もう枯れてしまうのかと思っていたら、1株から花芽が伸びてきてびっくりです。小さな亀のお姫様は、どんな花を咲かせるのでしょう。

f:id:bontosyougatu:20190511135432j:plain

f:id:bontosyougatu:20190511135509j:plain

f:id:bontosyougatu:20190511135532j:plain

f:id:bontosyougatu:20190511135603j:plain

f:id:bontosyougatu:20190511135630j:plain

f:id:bontosyougatu:20190511135657j:plain

f:id:bontosyougatu:20190511135722j:plain

その他の多肉植物さんたちも、同じようにガリガリ君です。骨皮筋右衛門と言いたいところですが、骨は無さそうです。

f:id:bontosyougatu:20190511135817j:plain

f:id:bontosyougatu:20190511135841j:plain

f:id:bontosyougatu:20190511135903j:plain

こちらも、1年中、屋外に放置の金稜辺(きんりょうへん)です。それでも、花が12本も立っていて見事です。というか植え替えや株分けをしていないだけですね。

毎年、この花が咲くと、ニホンミツバチが寄ってきます。家族からは、ハチが来るから玄関に置くなと文句を言われます。だから、養蜂家は分蜂したニホンミツバチを自分の巣箱に誘引するために、この金稜辺を栽培しています。

私も、一時は養蜂をしたいと考えていたのですが、ハチの糞で巣箱の近くの建物や洗濯物が汚れるということで断念しました。いつか、環境が整えばやってみたいとは思っています。

セッコクが花盛り・・・。

今年も赤花のセッコクが、花盛りとなりました。山にある普通のセッコクは、大半が白花ですが、これらは赤花の実生だと思います。花の大きさが違ったり、ピンク色の花など見飽きません。

f:id:bontosyougatu:20190510211648j:plain

f:id:bontosyougatu:20190510211717j:plain

f:id:bontosyougatu:20190510211750j:plain

f:id:bontosyougatu:20190510211848j:plain

f:id:bontosyougatu:20190510211912j:plain

花弁が開かない兜咲きは、小さくて可愛らしいですね。ピンク色も可憐な感じがします。

f:id:bontosyougatu:20190510211945j:plain

f:id:bontosyougatu:20190510212017j:plain

これは、白い花弁の奥が紅を載せています。清澄という銘が付いています。千葉県南部に清澄山や清澄寺がありますので、その方面で採取されたものでしょう。

f:id:bontosyougatu:20190510212115j:plain

f:id:bontosyougatu:20190510212144j:plain

こちらは、黄花の兜咲きで瑞鶴という銘が付いています。昔は高かったのでしょうが、最近は実生品も増えたので、交換会では3鉢から5鉢をまとめて競りに出されたり、時にはトレイごと出品されることもあります。花が咲いていれば、とても魅力を感じますけどね。

今週末は、大田区蒲田の御園神社で、関東富貴蘭会の交換会が開催されます。富貴蘭も植え替え時期を迎えたので、愛好家が多くの鉢を持ち込むことが期待できます。また、セッコクも開花株が見れると思いますので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

呼吸の日・・・。

今日も昨日同様、爽やかな春の一日でした。庭のブルーベリーも、実が膨らんできています。また昨年、木更津の交換会で購入したイワガラミの葉も伸び出しましたが、とても変わった葉の色になっています。この後、白散り斑の葉芸を表すはずです。

f:id:bontosyougatu:20190509215241j:plain

f:id:bontosyougatu:20190509215057j:plain

f:id:bontosyougatu:20190509215316j:plain

f:id:bontosyougatu:20190509215341j:plain

f:id:bontosyougatu:20190509215409j:plain

5月9日は、語呂合わせで「呼吸の日」だそうです。連休中にも山菜採りや釣りに出かけて、自然の中で良い空気を胸いっぱい吸うことができました。

しかし、時にはそういう自然の中で、タバコを吸いたいという愛煙家もいます。私もタバコをやめてから20年近く経ちますが、その気持ちはわかります。私の場合は愛煙家ではなく、やめたくてもやめられず、仕方なく吸っている依存性でした。

今日の仕事帰りも、自分の前方に歩きタバコをしている人がいました。帰り道が一緒で、1本吸い終わるまでタバコの匂いを嗅ぎながら、ずっと歩いてしまいました。いまは、どちらかというと嫌煙家です。

喫煙による他人への迷惑は横に置いておいても、タバコはやめて損は何もないということだけは、経験から確実に言うことができます。ですから、愛煙家の方も呼吸の日をきっかけに、卒煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。

f:id:bontosyougatu:20190509214934j:plain

f:id:bontosyougatu:20190509215001j:plain

連休中に秋田方面に出掛けました。バドミントンの仲間などに、土産に買ってきたものが、この南部煎餅です。ピーナッツがたくさん入っていて、「うまい」とたいへん喜ばれました。これは、安くて良い買い物でした。でも、4枚も入っているので、自宅で開封するのは、ダイエット中の身なので危険です。