月1ゴルフ・・・。

今日は、予想どうり真夏日になりました。そのうえ、光化学スモッグ注意報も発令されました。まあ、耐性が付いたのか、光化学スモッグなんか、まったく影響ありません。

今回は、バドミントンクラブの女子部員2名も加え、5人でプレーしました。初心者ばかりなので、後ろの組から「こりゃ、時間が掛かりそう」と心配されました。

f:id:bontosyougatu:20190526202412j:plain

f:id:bontosyougatu:20190526202446j:plain

f:id:bontosyougatu:20190526202539j:plain

f:id:bontosyougatu:20190526202614j:plain

前半は、コースコンディションの悪い西コースをまわり、54・48のスコアでした。後半は、45・44・43と尻上りのスコアでした。

f:id:bontosyougatu:20190526202714j:plain

ラウンド後は、またまたサイゼリアです。昼間からやっている店は少ないですし、財布に優しいのがグーです。

f:id:bontosyougatu:20190526202944j:plain

仲間の手の上で、アブさんたちは何をしているの?恋の季節ですね。森の中でも、やっぱり蝶が乱舞していました。

マレットゴルフをやって、ダイエットと思いましたが、毎回、汗を流した以上に飲んでしまうので、ダイエットにはなりそうにありません。まあ、老後の楽しみとしては有りですね。

rakuten:auc-shiyougai-jpstore:10000276:detail

rakuten:auc-shiyougai-jpstore:10000277:detail

rakuten:auc-shiyougai-jpstore:10000515:detail

モミジの葉刈りに挑戦・・・。

タイトルが大げさですね。モミジの葉は、ハサミがあれば簡単に刈り込みできます。葉刈りは、特に先端の勢いの強い枝を弱め、全体のバランスをとることや、節と節の間隔を短くし細かな枝を増やすことを目的としています。まあ、そういうことで大きな葉を切り捨てていきました。

f:id:bontosyougatu:20190525213154j:plain

f:id:bontosyougatu:20190525213237j:plain

f:id:bontosyougatu:20190525213330j:plain

f:id:bontosyougatu:20190525213711j:plain

f:id:bontosyougatu:20190525213844j:plain

よくわからないけど、根を傷めない限りは、そう簡単には枯れることはないでしょう。山椒なんて、アゲハの幼虫が付けば、あっという間に丸坊主になりますけど、そのうちに葉が出てきます。

ハサミを持ったついでに、太い枝も切ってやりました。やりましたっていうけど、木は喜んではいないと思います。切り口には、いつものお薬です。

子どもの頃に膝の擦り傷に赤チンを塗って、治りかけてカサブタになると、それを剥がしてまた出血を繰り返していたのを思い出しました。

f:id:bontosyougatu:20190525213956j:plain

アジサイは、この緑色の花の時も見る価値がありますね。この先は、青になるのか赤になるのかは、土壌のPHで決まります。酸性では青色に、中性からアルカリ性土壌では、赤色になるそうです。

どちらもアントシアニンが影響しているもので、白花はアントシアニンを持たないので、土壌の影響を受けずに白は白のままということです。うちのは、白色だったかな。緑色のままでも良いですね。

鮎釣りが楽しみ・・・。

今週末は、異常な暑さになるようですね。日曜日は、先月から始めたマレットゴルフに行くつもりですが、33℃の予想ということです。熱中症対策には、万全を尽くす必要がありますね。

そんな暑いなら、できれば川に立ちこんで、鮎釣りしたいところですが、後1週間の辛抱です。そんなことを考えながら帰宅したので、鮎釣りの道具の点検をしました。

f:id:bontosyougatu:20190524210127j:plain

f:id:bontosyougatu:20190524210204j:plain

f:id:bontosyougatu:20190524210236j:plain

鮎釣りの一式が入っている市場かごです。まあ、富貴蘭の交換会に電車で行く時は、釣り道具を出して蘭を入れて提蘭籠の代わりにもなります。

最初は、型が小さいと思うので、オキアミなどのコマセを使ったオランダ仕掛けで、数釣りを楽しみたいと思います。オレンジ色の収穫袋は、スカリの代わりです。缶は、エサ入れです。

f:id:bontosyougatu:20190524210315j:plain

ルアー釣りは、大きな鮎狙いです。このルアーが、一番のお気に入りでほとんどの鮎をこのルアーで釣りました。

f:id:bontosyougatu:20190524210346j:plain

このルアーは、重くて川底に引っかかりやすいのと、腹の中に重りが入っていてガラガラとうるさいのではと思います。なんせ、あまり釣れないのでダメルアーです。一番悪いのは、私の腕前ということは、棚に上げています。

f:id:bontosyougatu:20190524210413j:plain

これは、昨年12月に川で拾ったものです。シリコン製なので、石に当たっても静かなので、鮎を脅かしたり散らすことがないというのが売りです。まだ、このルアーは使ったことがないのですが、エースルアーになることを期待しています。

f:id:bontosyougatu:20190524210443j:plain

このルアーは、最近になって近所にできた釣具屋で見つけたものです。ひと目で鮎とわかる姿が気に入りました。だけど、これも腹に重りが入っているので、鮎を散らすかもしれません。どちらにしても、6月が待ち遠しいです。来週末は、梅雨入りで釣りができないなんてことにならなければ良いのですが。

[rakuten:umineko-shoji:10001854:detail]

[rakuten:jetedge:10000299:detail]

青根がきれいな奄美錦(あまみにしき)

青軸青根で、後冴えの黄縞品種です。奄美風蘭らしい雄大な姿になります。今年も、新根が勢いよく伸び始めました。

f:id:bontosyougatu:20190523212756j:plain

f:id:bontosyougatu:20190523212833j:plain

f:id:bontosyougatu:20190523212915j:plain

f:id:bontosyougatu:20190523213010j:plain

f:id:bontosyougatu:20190523213033j:plain

子芽や花芽もあって、これからが楽しみです。というか、もう少し目をかけないといけませんね。来年3月には定年になるので、その後は仕事も収入もですが、軽くなるので丁寧に世話をしましょう。

f:id:bontosyougatu:20190523213152j:plain

f:id:bontosyougatu:20190523213229j:plain

f:id:bontosyougatu:20190523213256j:plain

f:id:bontosyougatu:20190523213322j:plain

セッコクは花が咲き終え、気が付けば足元に新芽が出ていました。その新芽の色もすてきなんです。もっともっと楽しまないともったいないです。

f:id:bontosyougatu:20190523213527j:plain

こっちは、先週、種播きをした場所です。恵みの雨もあって、種播き後6日目なのに、10cmほどの高さまで伸びました。でも、ここにはミツバを播いたはずなんですが・・・。

二十日ダイコンなんでしょうかね。もう少し大きくなれば、それもはっきりすることでしょう。どちらにしても、ダイエット対策の野菜サラダの足しになれば十分です。

体重は、70kgをはさんで500gの範囲で推移しています。温かくなって、バドミントンなど運動で大量の汗をかいても、なかなか体重が落ちませんが、リバウンドせず8kg減をキープしているだけで、まずは満足すべきでしょうね。

根がきれいな吟風縞(ぎんぷうしま)

久々に、我が家の富貴蘭の紹介です。これは、三重の大棚から分けていただいて4年が過ぎた吟風です。吟風は、墨縞をはじめ、白縞、黄縞、萌黄縞など変化が多く楽しみな品種です。

今年は、朝日が直接当たる場所に置いてあるので、葉にアントシアニンが出て汚いです。

f:id:bontosyougatu:20190522212006j:plain

f:id:bontosyougatu:20190522212051j:plain

f:id:bontosyougatu:20190522212202j:plain

子には、最上柄が見えます。もちろん、親にも柄はあります。

f:id:bontosyougatu:20190522212313j:plain

これは、昨年9月の様子です。親の天葉など、いい感じだと思います。

f:id:bontosyougatu:20190522212400j:plain

f:id:bontosyougatu:20190522212422j:plain

 柄がよいので、根の色もルビーに近いきれいな色です。最近、仕事もそうですが、孫と出かけたりなど、富貴蘭をゆっくり眺める時間が取れず、毎朝、通勤前に水をやるのが精一杯で、葉の色がどうなっているかも確認できていませんでした。

週末には、日の当たり具合も考えながら、もう少し可愛がってやろうと思いました。5月の富貴蘭の交換会は、第一、第二、第三日曜日に、木更津や蒲田で開催されていたのに、ついに一度も参加できずでした。会長からも、誘いの電話をもらっているのに、なかなかタイミングが合いません。

6月になると、鮎釣りも始まるので、ますます富貴蘭の交換会に行くのが難しくなりそうです。交換会には行けなくても、蘭だけはしっかり世話をしたいと思います。

ついに正体を現す・・・。

今年4月に、庭のあちこちから大量に芽を出した植物の正体は、カリンでした。カリンは、柿や竹の子などとは違って、表年裏年がなく毎年たくさん実をつけます。

昨年も、カリンジャムをたくさん作りましたが、使い切れない実を庭に転がしたまま放置しました。その実から、芽が吹いたようです。

f:id:bontosyougatu:20190521203220j:plain

f:id:bontosyougatu:20190521203329j:plain

f:id:bontosyougatu:20190521203402j:plain

f:id:bontosyougatu:20190521203456j:plain

この左に見える木がカリンです。たくさん出た芽がカリンと分かれば、かわいそうですが、さよならするしかありません。狭い庭なので、育ててあげるスペースがないのです。

f:id:bontosyougatu:20190521203534j:plain

青シソなら、許します。そうめんの薬味や漬物、刺身のツマと利用価値は高いですよね。

f:id:bontosyougatu:20190521203607j:plain

f:id:bontosyougatu:20190521203652j:plain

f:id:bontosyougatu:20190521203718j:plain

カリンを抜いた後、土地が広がったように感じたので、野菜のタネを播きました。ミツバは、山菜採りに行くと、よく摘んできます。山のミツバは、本当に香りが強くて美味しいです。

ラディッシュは、別名を二十日ダイコンというように、短期間で収穫できるのが魅力です。面倒だったので、庭を少し掘り起こし、鶏小屋の中の鶏糞まじりの土を混ぜてタネを播きました。

本当は、ナスやトマトを植えたかったのですが、我が家の庭は、日当たりが悪いので断念しました。この2品種は、日当たりが悪くても、何とか育つそうです。まあ、育たなかったときは、隣の八百屋に行けば済むので、気楽にやってみましょう。

シンデレラ・・・。

東京ネズミーランドは、開園から36年ですか。初めて行ったのは、開園の年でまだ独身でした。2度目は子どもが小学生。昨日は、その長男の孫を連れてとなりました。

初めての時も、シンデレラ城を見てびっくりしましたが、やっぱりネズミーランドのシンボルですね。園内の大体の場所から見ることができますからね。

f:id:bontosyougatu:20190520203758j:plain

f:id:bontosyougatu:20190520203858j:plain

f:id:bontosyougatu:20190520204520j:plain

f:id:bontosyougatu:20190520204224j:plain

我が家のシンデレラが、ネズミーランドデビューです。2歳1ヶ月で、デビューとは早いですね。どこに行くのも、ハンバーガーのおもちゃを持参です。

f:id:bontosyougatu:20190520204327j:plain

f:id:bontosyougatu:20190520200114j:plain

朝9時過ぎから、夕方6時近くまでいましたが、感想は毎回一緒ですが、「疲れた」でした。だんだん年齢を重ねているのと、孫を抱いている時間も長かったので、もう披露困憊です。

f:id:bontosyougatu:20190520204406j:plain

f:id:bontosyougatu:20190520204438j:plain

バラの花が満開です。このバラの色といい、ブーケのような咲き方といい、シンデレラ城との組み合わせといい、文句のつけようのないロケーションでした。我が家のシンデレラも、このバラにあやかって、バラ色の人生を送ってほしいと思いました。

ネズミーランドなんていうと、ファンの人に怒られますかね。自分では、「ディズニー」と言っているつもりでも、発音が悪くて「デズニー」と聞こえるようです。いつも笑われるので、「ネズミー」です。Tシャツも、テーシャツです。